◆◇◆ ラジオレポ ◆◇◆
ラジオレポのデータベースです。現在、登録はできないようになっています。

[HOME] [使い方] [一覧表示] [本文表示] [管理者] [設定画面]
登録件数:23件/最大登録数:999件
分類 キーワード 条件: 表示:
No.21 JUN STYLE(2003.9.13)

おはようございます。9月13日の朝、いかがお過ごしですか?松本潤です。
9月の7日をもって嵐のサマーコンサートツアー無事終了しました。今回は9会場22公演という感じで25万人の方々と盛り上がれました。来て下さった方ありがとうございます。では、今日はそんな話をずっとしていこうと思うので30分間、お聞きのがしなく。

♪A・RA・SHI♪

改めまして、おはようございます。嵐の松本潤です。今日はデビュー曲A・RA・SHIです。デビューして4年たちました。5年目入ります。そんな感じです。ということで、先ほども言いましたが、今日のJUN STYLEでは8月7日から始まったツアーをこの間9月7日まで1ヶ月間やってたコンサートについて山のようにお便りをいただきました。ありがとうございます。ひととおり目を通しました。2時間かかりました。ありがとうございます。そんなかから何枚か選んだので、そんなかから読んでいこうかと思います。
それでは1枚読みます。川崎市のりかちゃんからいただきました。「大好きな潤くんこんにちは。(あ、どーも、こんにちは。)今日は(8月22日に届いたメールなんですけど)大阪ラスト嵐コン100公演目になったそうです。大阪のラストの回で。勝手に記念して盛り上がっているのは私だけかもしれませんが、がんばったきた結果として100公演全部見れる日までやってこれたんだと、今、ひしひしと感動をかみしめています。」ということなんですが、びっくりですね。100回ですって。100回越えたの?大阪ラストで百回越えたってことは・・・110回やったそうです。嵐のコンサート。はぁ〜、そんなにやったんだ。100回とか言われると、ねぇ。全然、そんなに考えたこともなかったから、もう100回なったんですねって感じなんですけど。逆に言うとまだ100回しかやってないんだっていう感じもするんだけど。だって、こないだ少年隊も700回記念とかあったじゃないですか、プレゾンが。森さんとか1500回とか言ってるわけじゃないですか。そう考えると100回なんてほんとに少ないもんだし、まぁ、デビューしてまだ4年ですからね。まだまだやると思うんで100と言わず500、1000とやっていきたいと思います。そんな感じです。

♪ハダシの未来♪

CM

♪Lucky Man♪

さぁ、松本潤がCM中にも今回のツアーあんなことこんなことたくさんあったなぁなんて思い出しつつ、ていうかいっぱいいっぱい思い出しています。JUN STYLEです。コンサートへの感想を紹介していきます。
ちさこさんですね。ありがとうございます。え〜このメールはねぇ9月8日の3時40分にここに届きました。え〜、読みます。「潤くん、こんにちは。といっても今は午前3時40分です。嵐2003年サマーコンサートのオーラスから帰ってきてまだ興奮がさめないのでそれなら今の気持ちを語ってしまおうということでメールしました。すごかったよ、ド派手な演出、最高だった。遊園地で1日中遊んでいるような感覚を味わえました。そして、嵐とみんなの大運動会というタイトルをつけたくなるくらいの全員参加のまさに運動会状態でとっても楽しかったです。いまだに音と映像の雰囲気が頭から離れな〜い。Walking in the rain、Lucky Man、テ・アゲロ、など特にダンスもかっこよくてノリノリになれる曲でしたね。嵐や客席のみんなと歌って踊れる楽しさがやみつきです。Blueのしっとりした曲調とクレーンで高く舞い上がった天使達のうつくしさがマッチしていて涙が出るほど感動的でした。特に潤くんはギリシャ神話に出てくる神のようでただ合掌するのみでした。(すごいですねぇ、ついに神になりました(笑))さいたまスーパーアリーナは初めてだったんですが、あの広い会場のどこにいてもステージの楽しさ・感動は共感できたと言い切れます。ちなみにさいたま全ステ参加です。(おーがんばりましたね。お疲れ様です。)大阪にも参加したのですが、ステージの規模に応じて演出を変える所など、あたりまえかもしれませんが、その場その場の最高のものを作ってくれているんだとうれしくなりました。いつまでも余韻が続く夢のようなショータイムでした。潤くんのことについてもう少し。6日に嵐入門編の超毒舌の友達を誘ったのですが、潤くんのうつくしさに度肝を抜いたと言ってました。この世の物とは思えないと(って失礼だろっ(笑))潤くんがクレーンで舞い上がったときは下から見て「信じられない、鼻の穴がある。」って言ってました。(あるよ、化けモンじゃないんだ(笑))ごめんなさい。生で見る潤くんのすばらしさを感じてもらえてうれしかったです。冬コン、今度はどう来るともう胸がいっぱいです。楽しい時間をありがとう。」ということです。そうですね、運動会ってわけじゃないけど、うん、一体感はなんかあったかなって思いますね。やっぱ頭3曲、みんなが知ってるシングルもの3曲並べて踊ったり歌ったりみんなでしてて、それがなんかお客さんも盛り上がれてノレるのかなぁなんて。まぁ、よかったんだろうなぁと思うんですけど。まぁ、僕がやってての感想なんで。実際客席がどうだったのかは、ほんとにみんなに聞いてみないとわかんないんだけど。なんか、まずウォーミングアップじゃないけど、そういう感じであそこから始められたのはよかったかなぁと思っております。まぁ、さっきのその頭3曲やったところ、A・RA・SHIやって君のためやってa Dayをやってその後初めてWalking in the RainとLucky Manとアルバム曲とんとんとやって、ハダシをみんなで踊って頭のブロック終了って形は、まぁ、最終的には流れはよかったかなぁって思いますね。結構、でかいから、間をさいたまに行ってから短くしたりして、つなぎの間だったりしたところを全部なくしてやっててね、その分、テンポはすごいよくなったなぁと、今、僕は思ってるんですが。そんな感じです。最初の挨拶あとの話はまた後ほど。

♪とまどいながら♪

そして、中盤、相葉ソロから始まり、MC前まで。この流れはさいたまの2日間の中で一番変わったところで、最初はディスコが上にあったんだけど相葉ソロ、大野ソロを先に持ってきて、ちょっと間をつめたりして、あとは会場がでかいからなるべく客席近くにいけるような配慮をしてみたり、そんな感じですね。あとは、前半は僕はやっぱりモモですかね。モダンダンスですね。なんか残ってるのは。あとはテ・アゲロの腰つき(笑)ですね。覚えてるのは。そんな感じで、読んでいきたいと思います。
大阪府のペンネームみくちゃんからいただきました。「潤くん、大阪初日行ってきました〜。もう、最高に楽しかったです。この夏一番の思い出です。最初に潤くんがつらいこと忘れて楽しもうって言ってくれて、涙出ました。ちょうど受験でつらい時期で、でもこのコンサートでこれからがんばる元気や勇気をもらいました。ありがとう。モダンダンス、ほんとうにきれいで思わず見入ってしまいました。ソロの踊りもかっこよすぎです。私のまわりでマトリックス。(そんな言葉があるんですね。)アルバムの曲も盛りだくさんで、もう嵐最高。一生嵐についてくんで、がんばって下さい。」ということです。まぁ、そうですよ。僕のソロはねぇ、マトリックスみたいなもんですよ、えぇ。ってゆーか、別にマトリックスってわけじゃなかったんだけど、なんかいろんなものを足してったらマトリックスっぽくなっちゃったっていう。で、あの、Gレックっていうんですけど、ドームビジョンっていうんですけど、後ろで模様をうつしていたもの、僕のDon't Cryが何故マトリックスって言われるかという最大の要因を作っている、後ろに緑の数字が出てたのはGレックと僕らは呼んでるんですが、あれは、なんか変な空間を作りたくて、んで、なんだろうって言ってて、たまたま俺がこの間マトリックスのリローデッドを見に行って、この文字の羅列ってが〜って目が入ってっちゃうなぁって思ってて、なんか、そんで映像さんにマトリックスみたいに文字の羅列をばぁ〜ってしたのでなんか異様な感じの絵を作ってくれって言って作ってもらってやったんですよ。そしたら、ほんとにマトリックスみたいに緑の数字だったっていう。別の色でもよかったかなって思ったんですけど。まぁ、なんか暗い中にあの緑の文字はやっぱりきれいだなぁと思ってたんですけど。あとね、もう一つ僕のこだわりはね、あのね、Don't Cryって文字が流れるんですよ、そのGレックに。それはちょっと僕的なこだわりで、そのDon't Cryってのがぶわぁ〜ってなるのがね、すごい好きだったんですけど。そんな感じですね、僕のソロは。モダンはほんとにドラマの時にお世話になってた能美先生に教わってつけていただいて、照明も能美さんと話して、なんか能美さんは最初、最後のモモの踊りの8話の時の下に十字のクロスの形で黒の地面に白の道が出来てる状況がいいって言ってたんだけど、俺はどうしても、あの、4本のサーチライトみたいのがやりたくて、それを言って、とりあえずそれでやってみてうまくいけばそれでっていう話をしてたの。結構、僕は今回、両方ともこだわらせていただきましたね、照明も舞台装置も。そんな感じです。
もう1枚読みます。宮城県のみぃちゃんからいただきました。「こんにちは。(こんにちは。)松山2回とも参加してきました。あの日はまんま松本潤を祝う日でしたね。(そんなことないと思うんですけど(笑))潤くんがいかにみんなに愛されているのか、嵐のメンバーがどれほど仲良しかがわかる1日でした。一緒に祝えて本当にうれしかったです。潤くん、しあわせですね。ニノがものすごくがんばってくれて、忙しい中、ほんとにこの人は3日寝ないで作ったんじゃないかと思える松本くんの歌がすばらしい出来で、愛してるんでしょ!ってつっこみたくなりました。3年前の自作の曲が好きだと言ってくれたからがんばったとニノが言ってましたが愛ですよね。ほんと、潤くんは幸せ者です。楽しくて、あの日は一日笑ってました。」ということです。ありがとうございます。あのね、そうなんです。松山に来てない方、そしてワイドショーを見てない方はご存じないかもしれないんですが、僕、8月31日に、愛媛のコンサートがあったときに、僕30日が誕生日だったのでメンバーがプレゼントをくれて、いろいろなものをもらったんですが、その中にニノが曲と詞を書いて櫻井がラップ詞を書いたやつがありまして、その曲をプレゼント、ハッピーバースデーソングですね、バースデーソングを作ってくれて、それを生でいきなり歌われてびっくりだったんですけど。本当にね、3年前にニノの作った曲がものすごく好きで、いいよいいよって前に言ったのを覚えてたらしくて、かなりいい曲を作ってくれましたね。あれはね、オリジナルバージョンっていうのがありまして、コンサートでやったときはほぼメンバーしか歌ってないんですけど、あれはオリジナルバージョンになるとマネージャーだのスタッフだのみんなたくさんの人が歌ってるのがあって、それは非常に感動的なんだけど、最後の最後で一番歌が下手くそなマネージャーがフェイクをやってて、もう聴けるもんじゃないよっていうものができあがってるんですけど。まぁ、でも、いい曲をいただきました。ほんとにね、ありがとうございます。そんな感じでこのツアー中に嵐もついに20代に突入しまして10代が誰もいなくなりました。ほんとにこれからが勝負だなって思う感じですよ。
そんな感じで後半戦は僕のソロから始まり、ソロはまぁ、さっき話したとおりで、結構、後半はあっという間だなぁっていう印象があって。ソロが終わって、がらっと変わってバラードが集まっててBlueやって、ONLY LOVEやって、ニノのソロやって、そっからダンスメドレーっていう流れが、結構、早くて。ダンスメドレーもね、結構、ぎりぎりにあの流れになって、最初全然ちがくて、最初PIKA☆NCHIから始まろうと思ってたりとかして、そしたら次にやっぱり15th Moonから始まろうとかいろいろあって、で、2,3に分けるってことが出てきて、じゃ〜、2,3に分けるならって言って、Easy Crazyと恋はブレッキーとかが入ってきたりとかしてて、なんかね、いろいろアレンジ変えとかも1回して、1回PIKA☆NCHIとEasy Crazyと恋はブレッキーをアレンジ変えして、全然、コンサートでやったパターン、PIKA☆NCHIはまぁまんまなんだけど、Easy Crazyとブレッキーは全然違う状態のやつを1回作ったんだけど、順番が変わって、どんどんオリジナルに近い方に音を戻していって、だからPIKA☆NCHIだけなんかがらっとアレンジされてる感じなのは、そういう理由で、ほんとは全体的にもっと変わってるはずだったんだけど。2,3でやるならそんな変えても意味ないやって話になって変えなかったんですが。あそこの流れも結構好きですね。あそこは、まぁ、死にそうなところなんですけど。てか、後半戦は、僕、本当に死にそうな流れになってて。楽しかったですけどね。思い返すとなつかしいなって思います。あっという間の1ヶ月でした。そんな感じですね。

♪Blue♪

ほんとに私事で申し訳ないんですが、9月7日に中村七乃助とパパの勧九郎さんが見に来てくれて、七乃助は結構見に来てくれてたんだけど、何故そういう流れになったかと言うと、8月に歌舞伎座でやってた鼠小僧っていう野田秀樹さんが作った舞台を観に行って、僕はそれがものすごくおもしろくて、今まで観た歌舞伎で一番面白かった。下手したら、っていうか、歌舞伎ではそうだったし、その時に使った言葉をそのまま使うと、「O」っていう舞台があるんですね、ラスベガスのベラッジオってホテルでやってる「O」っていう舞台があってその舞台がナンバー1だったと。でも、たぶんそれはゆるがないけど、芝居を観た中では一番面白かったと伝えたらうれしがってくれて、で、9月何やってるんですか?って話をしてて、そしたら、9月はちょっと時間があるからって言ってて、ノリでじゃー来て下さいよって言ったら本当に来てくれて。でね、その後に飯食いに行ったんですけど、もう、このBlueをべた褒めしてまして、そういうことがあったり、なんか、あそこまで目が肥えてる人が楽しんでくれたんですごいうれしかったですね。

CM

♪パレット♪

いかがだったでしょうか。今日のエンディング曲はコンサートの終わり曲、最後の曲ですね。パレット、聴いてもらってます。
インフォメーション。嵐のニューシングル「ハダシの未来・言葉より大切なもの」絶賛発売中です。そして、今、ずっと話してきた今回のコンサートツアーがビデオ・DVD化決定しました。出るのは、今年の秋、10月、11月くらいかな、出せればいいなと今話し合ってます。まぁ、いいものができるようにがんばるので、ちょっといつになるかわからないですが、待ってていただけるとうれしいです。そして、ピカ☆ンチの続編もやることが決まりました。これは10月の中旬から撮影するんですが、楽しみたいと思ってます。そんな感じです。
(宛先のお知らせ)
また来週聞いて下さい。お相手は嵐の松本潤でした。

分類[JUN STYLE] 投稿者-Mami 登録日-2003/09/21 00:00



管理者:Mami - No: 登録キー:
- WebLibrary Ver0.89 -