◆◇◆ ラジオレポ ◆◇◆
ラジオレポのデータベースです。現在、登録はできないようになっています。

[HOME] [使い方] [一覧表示] [本文表示] [管理者] [設定画面]
登録件数:23件/最大登録数:999件
分類 キーワード 条件: 表示:
No.18 SHO BEAT(3.8)


ラジオの前の皆さんこんばんは。嵐の櫻井翔です。えー本日、3月の8日。近頃恒例になっております、今日は何の日かというのを紹介したいと思うのですが、正直、今日は紹介する気がちょっと滅入るくらいの日となっております。(笑)紹介していきましょう。ミツバチの日、土産の日、ビールサーバーの日、赤ちゃん&子供カットの日、ということなんですけれども、この3つ全て3と8の語呂合せになっております。3つ8(ミツバチ)の語呂合せ、尚、8月の3日は蜂蜜の日ですので・・勝手にしてくれって話ですけど(笑)あと土産の日、み・3、や・8、げの日と。この「げ」は何処行ったんだと(笑)あとビールサーバーの日。これも3と8でサーバーと。このカットの日っていうのはよくわかんないですよね?これはどういうことかといいますと、サン(3)パツ(8)散髪の語呂合せ・・赤ちゃんと子供の理容室の存在をPRする日と。ほんとにみんな頑張って語呂合せを考えていろんな日を作ってます。唯一まともなのを紹介しますと、エスカレーターの日というのがありまして、日本初のエスカレーターが設置された日ということでエスカレーターの日と。こういうのが僕良いっスけどねぇ。いろいろ語呂合せで作った日があるようです。3月の8日。来週はホワイトデーとなってますね。
さぁ、それでは今週の曲にいきたいと思います。今週は、wyolicaの「さあいこう」を紹介したいと思います。この曲はですねぇ、2年前の夏かなぁ〜ちょっと自分自身なんか色々あって、その時に聴いていて凄い心に残って、2年前の夏にヘビープレイをしてて、今聴くと丁度その時の気持ちを思い出したりだとか…うん、その時のことを思い出す曲に、僕にはなってます。で、何故このタイミングでかけるかというと、3月も8日ということでそろそろ卒業式を行う学校もあるんじゃないかと。まぁ早いとこだともう終わっちゃったとこもあるかもしれませんが、この時期卒業式等々続くと思います。そんなときに聴いていただければなという想いを込めて、紹介したいと思います。これから卒業して、新生活を迎える方々、卒業することが寂しい方々、そんな方々に聴いて頂ければなと思います。
【さあいこうのイントロが流れ始める】
この曲の僕にとってのもう一つの側面を紹介したいと思うんですけれども、曲の歌詞の内容が丁度僕がジャニーズジュニアのときに考えていたようなこととダブりました。僕のジャニーズジュニアの時の活動の仕方、等々知ってる方、是非この曲の歌詞を聞きながら聴いて頂きたいと、そんな風に思います。そしてこれから学校、卒業式、迎える方、終えた方、友達と一緒にこの曲を聴いてみるのも如何かなと思います。それでは、聴いていただきましょう、wyolicaで、「さあいこう」。
【さあいこう】
wyolicaで「さあいこう」でした。

嵐の櫻井翔がお送りしていますFM FUJI SHO BEAT。ここからはクールビートセレクション。このコーナーではストリート・クラブ・ショップなどから発信される音楽を毎週ピックアップしていきます。今週は、ショップ編。ピックアップしたショップはディスクユニオン新宿本館です。今回は1階ロックフロア担当の小野さんにお勧めの最新ロックアメリカ編を伺ってみました。初めてですねぇ、今までずっとHIPHOPで推してきたんで。はい、それではコメントと曲の方を聴いて頂きたいと思います。どうぞ。
 【LIARSのWe live in NE of Compton】
うぉっ。なんか凄い勢いだったからあっという間だったんだけど俺あのイントロの最初に小野さんが言ってたボーカルからギター・ベース・ドラムのもう1個前のイントロのとこあるじゃん。あのスクラッチ・・じゃねぇや、あのレコードを巻き戻してるみたいなシュワンシュワンいってる音。あそこのイントロが、好きでした(笑)すんげぇマニアックなとこなんだけど(笑)で、最初の手拍子みたいなとこからどんどん盛り上がっていく感じが好きですね。僕意外にロックとか大丈夫なんで、これからもちょっとこういうのやっていきたいなと。いろんな幅の曲を聴かせて頂きたいなと思います。これからマンハッタンレコードに引き続きディスクユニオンさんにお世話になっていこうかなと勝手に思ってます(笑)
宜しくお願いします。今日紹介したLIARSのWe live in NE of Comptonを収録したアルバム「悲しみのモニュメント」はディスクユニオン新宿本館で購入することができます。以上今週のクールビートセレクションでした。

ここからはリスナーズビートということで、リスナーの皆さんから頂いた音楽に関するメッセージを中心にご紹介していきたいと思います。えー、茨城県のりょうこさんから頂きました。「翔くんこんばんは。(こんばんは)いつも楽しく聴かせていただいています。よい子の味方を見ていていつも思うのですが、太陽先生ってギンガムのシャツを着ていることが多いですよね?あれは何かこだわりがあるのですか?ドラマに出る役者さんは自分で衣装を選んだりするそうですが、翔くんも自分で選んでいるのですか?」ドラマ関連のメールを頂きました。ありがとうございます。毎度毎度衣装を自分で選んでいるわけじゃあないんだけども、まぁそのドラマ、インするときに最初、衣装合わせってのがあって、そのときにキャラクター設定だったり、いろいろ周りの環境だったりを、スタッフの方々と詰めていくんですねぇ。そのときに衣装について相談をして、その時に決まったことに合わせて衣装さんが毎回もってきてくれるという形になってます。で、ちなみに太陽先生をどう言う形にしたかといいますと、最初ね、すんげぇ迷ったんだけど、もうトレーナーしか着ないかシャツしか着ないかで迷ったんですよ。っていうのは、太陽先生3歳のときに両親亡くしてまして、キッチンすみれっていう定食屋さんで下宿をしているくらいなもんで、そんなにお金はないだろうと。で、あとまぁ大前提として、そんなに今風になりすぎてはいけないっていうのがやっぱりあって。んー、普通っぽい、でもそんなにお金を持っている感じが出ない感じでいきたいなと思ったんで、トレーナーかシャツどっちかでずっと通そうかと思ったんだけど、さすがにそれも変化がなくて厳しいだろうと言う話になり、まぁベースがシャツ?特にネルシャツがベースになって時々トレーナーだったりパーカーだったりを着る感じになってます。だからシャツが多いのかもしれないなぁ。あと靴に関しては2足しかもってなくて、白いスニーカーが一つと上履きはオニヅカタイガーの上履きをどうしても上履きはこれでいかせてくださいと懇願して、上履きはそれでいかせて頂くことにしました。ただねぇ、最近結構思うんだけどねぇ、太陽先生の着てるTシャツが可愛かったりするんですよ。まぁいっつもエプロンしてるからTシャツが見えることはそんなにないんだけども、そうないからこそ、注目していただきたいんですけども、意外に可愛いTシャツをセレクトして太陽先生着てるんで、見ていただきたいなと思います。ちなみにパンツはジーンズとチノパンの2本しか持っていません。はい。
それでは次のメールに行きたいと思います。えー、次のメールはですねぇ、今回沢山頂きました!本日3月の8日、来週の金曜日が、先月のバレンタインデーを受けてホワイトデーとなってまして、どーにもこうにもSHO BEAT、15日になってしまうんで、来週オンエアーが。間に合わないということで、今週後枠で、まぁ実際聴いている人がどう思うかはわからないんですが、櫻井の主観で、ホワイトデーに合わせてという感じで、「君がいいんだ」を最後にかけようと思っています。ということで、「君がいいんだ」に関するメールを読みたいと思います。豊島区のラジオネームあおばさんから頂きました。「初めましてこんばんは。(こんばんは)とまどいながら初回盤通常盤共に購入いたしました。私個人的には君がいいんだのラップが恐ろしくお気に入りです。(あぁ〜ほんとありがとうございますねぇ)今回も櫻井さんが作詞をされたということで、発売前から楽しみにしていたのですが、正直想像以上でした。櫻井さんはどういう時にどういう場所で作詞をしてらっしゃるんですか?あの独特の表現と世界観が大好きなので、何処から生み出されているのか是非知りたいです。それと、どうして“SHOW”なんですか?何か深い意味があるような気がして仕方がないのですが。辞書を引いてみたところ、本義が『人に見えるようにする』とのことでとても素敵だと思いました。これからも様々な新しいことに挑戦して私たちを驚かせてください。期待しています。」ということなんですけれども、同じように、あとはですね、最初ラップに入る前に言っている英語に関するメール等々、君がいいんだに関するメールを、高松市のゆきさん、千葉県のまゆちゃん、千葉県のくみさん、埼玉県のじゅりさん、練馬区のあやかちゃん、頂きました!たくさん。ありがとうございます。えー、今回頂いたメールにもあるように、マキシシングルとまどいながらに入っている3曲目、君がいいんだのラップ部分、書かせていただきました。どういった経緯で書くことになったかというと、間奏が長めにあって、そこに櫻井、ラップをのせてくれないかという話を頂いたんで、じゃあ書きましょうという話になりました。でですねぇ、えーっとまぁ、独特の世界観がとかいろいろ、言われてて恐縮なんですけど、今回に限って言えば、元々君がいいんだという曲があったがために、その君がいいんだの世界観を崩さないように、君がいいんだの作詞の方が言っていることをぶち壊さないように内容を整えました。まぁ要するに同じような流れの内容のものを書いたということですね。んでまぁ、今回はそのラップに入る前に英語でボゾボソと喋ったりしてみてるんですけども、それの和訳を教えてくださいとかいう質問があるんですけども(笑)ん〜どうでしょう。まぁ一応言っているのは、You know I wanna stay just w/z u、ん〜、ただお前と一緒にいたいっていうことは、わかっているんだろう?と。When can I see u next baby?、ん〜、次はいつ会えるんだい?と。You know what I am saying?、言っていることはわかりますでしょ?と。いうことなんですけども、まぁそんなに大した意味はないです!(笑)じゃあ書くなって話なんだけど(笑)一応その最後の、どうしてもつけたかったのはYou know what I am saying?ってやつなんだけど、っていうのは、ALL or NOTHINGのYou know what I mean?っていうのと同じような感じで、結構黒人のラッパーの人のインタビューとか聞いてるとたぶんよく出てくると思うんだけど、物凄い言ってるのね、会話の間に。You know what I am saying?って。口癖みたいな感じだとは思うんだけども、で、よく向こうのラップだったり、まぁこっちのラップミュージックの中にも入っていたりもするんだけど、結構定番のフレーズだったりして、どうしてもそれは入れたかったっていうのがあって、You know what I am saying?っていうのは入れました。まぁあとはその後々の歌詞にあったような英語をエフェクトかけて言ったりしてます。で、どうしてSHOWなんですか?っていうんだけども、これもまぁALL or NOTHINGってアルバムに入っている曲を書くときに、ほとんど全編ラップの曲だったもんで、僕の名前がクレジットされると言う話になって、その時にサビ部分の作詞の人がアイダタケシさんだったんですけども、その方がTakeshi Aidaってローマ字表記だったんですね。それに合わせるために、僕もアルファベットで表記しなければならないと。んでまぁその、うちのレコード会社の人が櫻井翔だってのをすぐわかんないようにしたいなってのがあって、じゃあそのMCネームじゃないけども、考えようと言う話になって、いろいろ考えました。で、まぁ僕の名前をもじって、あとまぁ、なんだ?あおばさんが言ったように意味もしっかり通っている感じで、WつけてSHOWにしました。実際なんでかって即答するとするとアルファベット表記にしたかったからってだけなんで、そんな感じには一応なってます。マキシシングルとまどいながら3曲目、君がいいんだリリック書きましたんで気が向いたら軽く聴いてみてください。
【君がいいんだのイントロ】
嵐の櫻井翔がお送りしてきましたFM FUJI SHO BEAT如何だったでしょうか?あのさぁ、(笑)さっき言い忘れたんだけども冒頭のラップに入る前の英語部分、書きました。そしたらシングルの帯の部分にその英語のワンフレーズが使われてまして、ちょっと櫻井ビックリっていうのがCD頂いてからありましたんで、是非是非CD買った方、帯の方も注目していただきたいなとそんな風に思います。今晩もよい子の味方夜9時から日本テレビ系列でオンエアされます。お楽しみにということで、あと、春高バレーが3月の20日開幕されます。嵐マキシシングルとまどいながらから4曲目、コイゴコロがイメージソングになってますんで是非是非そちらの方もチェックして頂きたいなと思います。それでは番組では皆さんからの音楽をテーマにしたメッセージをお待ちしております。では早いですけれどもホワイトデーということで今週はマキシシングルとまどいながらより3曲目、君がいいんだを聞きながらお別れとなります。また来週午後5時30分ラジオの前でお会いしましょう。お相手は嵐の櫻井翔でした。ばいばい。

分類[SHO BEAT] 投稿者-翆 登録日-2003/03/28 19:18



管理者:Mami - No: 登録キー:
- WebLibrary Ver0.89 -