Home Page  レポ・ルーム

◆◇◆ LIVE IS HARD だから HAPPY ◆◇◆
〜 2004.1.4(1部、2部)、1.5(2部) @ 横浜アリーナ 〜

 今回のステージセットは「干型」です。メインステージがあって、縦に1本横に1本花道があるタイプ。センターと横花道の先端にはリフト(せりあがるステージ)、縦花道先端には小さいバックステージとクレーンがありました。メインステージのイメージは煉瓦造りの駅舎。セットの上のほうには駅があって動く電車もありました。


開演前に翔くんがナレーションで大宮SKが出演の「公演中の注意VTR」が流れました。
・ステージにタオルなどを投げ込まないで下さい
・メンバーが投げ入れたサインなどは受け取って下さい
・撮影はご遠慮ください
・携帯の電源はお切り下さい
・うちわは胸の高さで

la tormenta chapterII
メインステージに花火が炸裂して嵐が登場。衣装はオレンジ系のロングジャケットに白いパンツ。歌詞は前回の夏コンと同じ。この曲でいきなり盛り上げようという作戦でしょうか。ジャケットを脱いで白の上下に。センターに移動。
嵐の前の静けさ
夏コンでは聴けなかったので歌ってくれてうれしいです。センターステージで歌います。
テ・アゲロ
花道に散ります。潤くんが「セクシーな腰つき」のところではばっちり腰を振ってくれます。きゃー。曲終わりにはメインステージに5人とも集まっています。
ココロチラリ
おっと、いきなりこの曲ですか。なんとなくこの曲にはラストスパートのイメージがあったので、意外な感じ。にのあいだけがサイドの花道先端に移動。
Tokyo Lovers Tune Night
今回のコンの目玉の一つだと思う。アレンジはミュージカル調。黒い燕尾服風の衣装を着て、潤くんがまず登場。その後だんだんとメンバーが登場しながら、翔くん→大ちゃん→潤くん→ニノ→相葉ちゃんの順に歌っていきます。初めてこの曲を聴いた時に、「ジャニーズミュージカルで流れそうな曲だなぁ。」と思ってたんですが、まさにそれ風に仕上がっていました。いつもとまったく違うダンスで、嵐っぽくない新しいものを見た気分でした。私は好き。
台風ジェネレーション
初めの台詞は潤くんからのご挨拶になってました。「一緒に最高の思い出つくろーぜー」とかそんな感じでスタート。初めはメインステージで踊って、途中のスピードアップするところからセンターステージに移動。
ハダシの未来
上着を脱いで、それぞれ花道に散ります。大ちゃんはずっとセンターステージ。もちろんみんなで振りをします。大ちゃんが大きく振りをしながらおしりをふりふりしててかわいくてねぇ(*^^*) 
?(ニノ&潤くんペア)
とてもせつない歌詞の曲。ニノラジオで詞を募集して作った曲。それぞれが横花道先端のリフト上に歌い上げながら登場。ニノと潤くんの歌声、かなりスキです。
?(翔くんソロ)
Joyful Joyfulと繰り返しながらバックステージで歌う翔くん。モニターには子供の頃からのプライベート写真が流れます。この春大学を卒業することを記念する歌なのかな。他のメンバーもメインステージに登場してコーラスやラップでサポートしてました。翔くんもついに卒業かぁ。
PIKA☆NCHI
メインステージに茶系の上下で登場。メインで踊ってセンターで踊って。
Lucky Man
センターに移動して踊ります。
言葉より大切なもの
カラフルなつなぎになります。5人それぞれが花道に散って客席をあおります。
MC
詳しい内容はネタバレ掲示板のログにおまかせ(*^^*)
4日1部は通常のトーク。4日2部は羽子板対決。負けた相葉ちゃんは黒いビニールテープでヤンキースの松井にされてました。5日2部はトランプでババ抜き。負けた潤くんはどてらに白いももひきと白いシャツっていうおじさんスタイルで次の曲を歌うことに。
Do you wanna feel like dancing?
MCの流れから懐かしいCM映像をご覧下さいってことでJr時代ににのあいがやっていたピノのCMが流れます。そして、そのままピノの形のかぶりものをしたにのあいが登場。にのあいが歌って踊ってる間、他の3人は違うことしてます。4日1部は潤くんだけ一緒に踊ってて最後にJr.にまぎれちゃってました。
どんな言葉で
これも夏にはなかった曲ですね。磨りガラス越しに生着替え。曲が始まり、着替え途中の嵐メンがあせりながら歌います。楽しい演出だったけど、ちゃんと歌ってるのも聴いてみたいなぁ。
街が色づく頃(大ちゃん&相葉ちゃん)
「センゴクプー」でご一緒した発砲B・ZINの西之園さんが作った曲だとか。風船を持って歌ってるのでキュートな印象。衣装はTシャツ。
とまどいながら
バックステージにそれぞれ違うTシャツを着た嵐メンが登場。
時代
ここからso-so-soまでがもうひとつの目玉だと思う。Jr.くんがバックステージから歩調をあわせて歩いていきます。メインステージに置かれた障子のようなスクリーンが燃えて後ろから嵐が登場。赤いロングコートジャケットを着ています。ラップもメロディーもまったく新しいアレンジの曲になってます。とっても耳に残るアレンジでかっこい〜。この曲のニノと潤くんの声がすっごく好き。
アクセントダンス
センターステージにに移動して、銀色の衣装になります。銀のステッキ(?)を持ってロボットダンスのようなダンスからだんだん早いダンスに。この時のライティングが不思議で、中心から5人の影が会場に大きくのびてるの。こりゃ、アリーナ&スタンドの人しか気づかなかったんじゃないかな。
so-so-so
夏に大ちゃんがJr.を従えて歌い踊った曲を今度は5人で。センターステージがリフトアップ。振りは夏と同じですが、5人揃って踊る姿は圧巻です。かっけ〜。
君のために僕がいる
ナイスな心意気
SUNRISE日本
アリーナとスタンドの間をトロッコに乗った嵐メンが移動。もうね、はっきり言って歌はぐちゃぐちゃ(笑) その変わり手の届く範囲の人は握手してもらってました。うらやますぃ。
a Day in Our Life
金色のてるてる坊主みたいな衣装。片袖にふわふわがついてます。とにかく、思いっきり叫ぶ曲。今回もメロディ組(大ちゃん&潤くん)は負けないようにがんばってました。
A・RA・SHI
センターステージがリフトアップ。最後のサビ部分は客席と大ちゃんが交互に歌いました。踊りはオリジナル。そういえば、今回、シングルの時のオリジナルのダンスが多かったような気がします。
明日に向かって吠えろ
上着を脱いでビニールベストになります。クレーンに乗ったり、花道を走ったり、盛り上がって、最後はメンバーがメインステージに移動して銀テープ発射。
冬のニオイ
冬コンだからやってくれると思ってたよ。うれし〜♪メインステージに並んで歌いました。
アンコール
感謝カンゲキ雨嵐
WOW!!
グッズのパーカーを着て登場です。5日はアンコールの声「あ〜ら〜し!」がとってもそろってて感動したなぁ。
ダブルアンコール(4日2部、5日2部)
HORIZON
黒いスタッフTシャツで登場。
トリプルアンコール(5日2部)
言葉より大切なもの
「なぁに?」って言いながら潤くん登場。「まだやるの?」「元気な子猫ちゃん達だねぇ。」なんて言いながらご機嫌な嵐メン。「今年も俺たちがみんなを幸せにしてやるからな!」って潤くんからうれしいお言葉も。アドバイザーとして参加していたアツヒロくんも登場しました。
もうね、会場はとっても幸せな空気に包まれていました。嵐コン、最高〜♪

正直な感想は「How’s it going?の方が好きだな。」です。っていうか、How's〜が良すぎたと言った方がいいかもしれないですけども。
「Tokyo Lovers Tune Night」はおもしろかったけど、あれだけがちょっと浮いてる感がいなめなかったのが残念。かと言って、ミュージカル調が延々と続いたらもはや嵐コンではなくなっちゃうから困るけども。「時代〜ダンス〜so-so-so」はすっごく好き。特に「時代」が好き。今でも「あ〜あああああ〜愛をもとめてるよ♪」のところが延々と頭の中でリピートしてますよ。音(あれは歌ってはいるけど歌っていうよりもダンスのための音って感じ)もかっこよかったし、赤いロングジャケット着て5人で揃って花道を歩く姿がねぇ、すっごくかっこよかった。
で、How’s〜の方が好きだと言いながらも今回のコンは自分的にはかなり飛び跳ねてたのが笑えます。これはきっと隣の友達の影響だよ。こんなことここで書いたら怒られるかもしれないけど、ずっと一緒に入ってた友達が元気でね。今回のとある公演の時に後ろの人に「ねぇ、何かついてるんじゃない?」って靴の辺りを指差して言われたらしい。つまりはドクター中松のジャンピングシューズでも履いてるんじゃないかと(笑) 実際そのくらい飛び跳ねてるからね、Sちゃんは。
今回、5日の2部はスタンドの最後列で見たのですが、もう横アリならどんな席でも全然いけるぜ(笑)って思えました。 そりゃもちろん嵐メンを近くで見たいから「前の方の席が当たりますように!」ってお祈りするだろうし、チケットが届く前はドキドキするだろうけど、チケットが届いて入っちゃえばどこでも楽しめるなって思えましたよ。

written by Mami

Home Page  レポ・ルーム