Home Page  レポ・ルーム

◆◇◆ 嵐!いざッ、NOW TOUR!! ◆◇◆
〜 2004.8.2(2部)、8.3(2部)、8.4(2部) @ 横浜アリーナ 〜

 今回のステージセットは「┣∈| 型」です(ってかなり無理矢理だ・・・(^^;)。メインステージ、センターステージ、バックステージがあって、センターステージからフォークみたいにメインステージに向かって花道があるって言ったらいいのかな。横アリではバックステージにクレーンがあって、センターステージとバックステージにはリフト(せりあがるステージ)がありました。メインステージの真ん中には大きなドームがあって、これのことをのちの記者会見で「嵐専用10大都市ドーム」って言ってました。


メインステージの大きなドームが不思議な惑星のような模様に光っています。このドームが開いて嵐が登場。

JAM
銀色と黒の衣装。キラキラしてます。メインステージの上段で横1列になって、いきなりバリバリ踊ってます。途中でメインステージに降りてくると花火があがって同時に5人がポップアップ。これがすっごいジャンプでねぇ。きゃ〜って。最後も花火。
五里霧中
テンションあげて5人が花道に散ります。コンサート映えする曲だろうなぁと思っていたけど案の定。楽しい!
PIKA☆NCHI
センターステージで踊ります。ピンクの照明が銀色の衣装にあたってキレイ。今回、キラキラ系の衣装が多くて、照明を受けた時の衣装がとってもきれいです。
PIKA☆☆NCHI Double
ジャケットを脱いで色違いのタンクトップ。センターステージがリフトアップしてその上で踊ります。5人それぞれのソロもちゃんとあってうれし〜♪ダンスは基本的にテレビでやってたのと同じ?曲の終わりにメインステージに移動してドーム内に消えていきます。
ドームが地球になってくるくるとまわります。スクリーンにはジャングルの映像。メインステージではJr.がボロボロのような衣装で踊ってます。ドームが開いて嵐が登場。
HORIZON
アフリカの民族衣装調。ビラビラしててかわいい。曲もアフリカの民族音楽調なアレンジになってます。で、ダンスもたぶんそんなテイストが入ってるんだろうなぁ。今までの嵐ではなかったタイプのダンスですが、かわいくて楽しいダンスでとっても好きです。
DANGAN-LINER
アフリカンアレンジ&ダンスが続きます。嵐メン1列になって踊りながらセンターステージに移動。センターステージがリフトアップしてさらにダンス。最後はリフトから飛び降ります。
眠らないカラダ
まだまだアフリカンアレンジ&ダンスが続きます。でも、もとの眠らないカラダのダンスもうっすら残ってるような・・・。この辺り、ダンスの良さで興奮も絶好調ですよ。アフリカンダンス、コミカルなテイストを入れつつとっても細かく振り付けされてます。
Dear My Friend
ジャケットを脱いで(中は白っぽいタンクトップだったかな?)横花道に広がります。スクリーンには青空と雲の映像。自分の話になっちゃうけど、この3日間、横アリに向かう東横線の中から青空と入道雲を見ながら幸せをかみしめてたもんだから、ここでちょっとじーんと(^^;
大野ソロ(?)
センターステージに登場。ピンクのスカジャンで、Jr.を従えてガシガシ踊りまくります。みんな言ってることですが、腰をぐりんぐりんまわしてて、きゃ〜ですよ。メインステージに移動してさらにダンス。ダンスも歌もじっくり堪能させていただきました。名古屋でのMCによると大ちゃん自身の振り付けなんですってね。
Lucky Man
バックステージに4人登場。パステルカラーの袖無しロングジャケット。嵐:ラッキー、ファン:マーンのかけあいをやって盛り上がります。曲の終わりに大ちゃん登場。
ハダシの未来
引き続きバックステージで一緒に振りをします。4日はサイドの席だったので目の前の花道にいたJr.くんと一緒に振りをしてました。Jr.くん達、この曲に限らずみんな元気にがんばって踊ってました。
君だけを想っている
バックステージに2基あるクレーンにニノと大ちゃんが乗ってお手振り〜♪他のメンバーは花道へ。
EYES WITH DELIGHT
メンバーは花道へ散ってます。ジャケットを脱いでパステルのノースリーブに。袖のあたりについてるチェーンがかわいい。この曲は一緒にやる振りもあるし、掛け合いもあるし楽しいです。振りかわいいしね。掛け合いの言葉は練習していったらバッチリでしたよん。
MC
MCネタは皆様からいただいたレポをご参照下さいませ。連日おかしくて大笑いしてました。2日の2部にはNewsがゲストでステージに出ました。
櫻井ソロ(アンチ・アンチ)
他のメンバーが曲名紹介し翔くんが黒いタンクトップ姿でメインステージ上段に登場。「ジャニーズがHip Hop?興味ないね。」って言ってるお兄さんのビデオが流れ、それに翔くんが「アイドルの力、見せてやるぜ。」と曲が始まります。ロックをパワフルに踊りながら歌います。途中で花道を移動してセンターステージへ。
とまどいながら
今回、バンドとしてFIVEがついているのですが、そのFIVEの中江川くんのキレイなフラメンコギターの音が流れます。嵐メンがドームの中から登場。ピンクにスパンコールがついたスーツで、フラメンコ風にアレンジされたとまどいながらを歌います。大人〜な雰囲気です。
君は少しも悪くない
引き続きフラメンコ風アレンジです。大ちゃんをセンターに、5人がキレイに踊ります。アンダルシア風のダンスってのかな。やっぱりね、この曲の大ちゃんボーカル好き。最後の決めポーズもかっこいい(*^^*)
相葉ソロ(優しくって少しバカ)
和風な音楽が流れる中、傘を持った着物姿の相葉ちゃんがメインステージに登場。何を歌うんだ?と思ってると、前奏が流れて、あ、もちろん、これだよねって納得。センター、バックステージと移動しながら熱唱。本当にこの曲好きなんだろうなぁ〜ってくらい気持ちよく歌ってます。
明日に向かって吠えろ
花道に嵐メン登場して一気に盛り上がります。衣装はカラーとストライプのシャツと金色のパンツ。この曲、すっごく盛り上がるけど、最後の方で歌がぐだぐだになるのが可笑しい。がんばれって思っちゃう。がんばってるんだろうけど(笑)
Dの嵐コーナー
Dの嵐との連動企画ということで、Dの嵐のコーナーをやります。2日はMの嵐、3日は「嵐メンが女性を口説く方法は?」、4日はAの嵐。詳しくは皆様からのレポをご覧下さいませ。
瞳の中のGalaxy
正面のモニターにPVを流しながらメインステージで歌います。さすが「南くんの恋人」の主題歌。ニノの曲だねぇ。
二宮ソロ(?)
ニノの自作曲。メインステージの真ん中で座ってじっくり歌います。白いシャツ。
松本ソロ(?)
バックステージにTシャツで登場。これまでの嵐のこと、これからの嵐のこと、いろんな気持ちを歌った曲。潤くん作詞だそうです。メインステージに向かう潤くんを4人がステージ上段で待っています。
ダンス
メインステージで黒にキラキラが入った衣装で踊ります。メインステージいっぱいにメッシュの様な模様を映してて不思議な雰囲気に包まれます。私、メインステージいっぱい使って画像とか映像とか映すの好きみたい。潤くんが合流して、ファイヤーが。かっけ〜。
a Day in Our Life
掛け合いは無しです。ロック調にアレンジされた曲で踊ります。最後にセンターに移動。
Right Back to You
センターステージがリフトアップされた上で踊りながら歌います。これね、めちゃくちゃかっこよくて、すっごく好き。細かい振りがしっかりついたダンスなんだけど、ところどころふっと力の抜けた振りが入ってたりして。ボーカルとラップのコントラストがダンスにも反映されてるような緩急がかっこいい。歌番組でやってくれないかなぁ。
嵐の前の静けさ
白地に派手な柄のスーツで登場。ジャンプタイムスタートだね。
君のために僕がいる
バックステがリフトアップされた上で歌います。
SUNRISE日本
メンバーが花道へ。メンバーが近くに来れば、そりゃ〜も〜、さらに跳びます。
A・RA・SHI
やっぱりね、なんだかんだ言ってこの曲は盛り上がりますね。合いの手もみんなバッチリ!
途中下車
これをラストに持ってきたかぁ。メインステージにリフトが3つ上がり、相葉ちゃん&大ちゃん、潤くん、翔くん&ニノの組み合わせで乗ってます。相葉&大野は初めから2人一緒にウキウキ踊ってるし、ニノ&翔くんは歌詞に合わせて小芝居してるし、楽しそう。潤くんがひとりなのが寂しいよっ。この曲って私の中ではせつないソングだったんだけど、楽しい曲になりました。
最後は挨拶しながら、ドームに消えていきます。
アンコール
言葉より大切な物
浴衣を着て登場。花道に散って、色紙投げタイム。
Hero
クレーンにも乗ってました。
ダブルアンコール
感謝カンゲキ雨嵐
24時間テレビのTシャツを着て登場。
トリプルアンコール(4日2部)
a Day in Our Life
嵐コールを続けているとメインステージに登場。やり忘れてる曲があるんだよなって言って翔くんがラップを始めます。確かにこれをやってないとやり忘れてる気分になりますよ。コール&レスポンス、思いっきり叫んじゃいました。
A・RA・SHI
a Day〜で終わりかと思ったら、さらにもう1曲。ファンは大喜び。嵐メンは盛り上がりつつも、ひぇぇぇって感じ?(笑) 最後、大ちゃんがフォードリーム♪って歌うところ、フォッ!って叫んでたのが可笑しかったしなんかテンションがさらに上がっちゃいました。バカみたいに一緒にフォッ!って叫んでみたりして。
4回目アンコール(4日2部)
ココロチラリ
まだまだ嵐コールはやまず。「俺たち、こんなに出てきてくれって言われるの慣れてないから、困ってます。」って言いながら登場。どうするんだろうと思ってるとココロチラリがかかります。いやいやもう大満足ですよ。ジャンプする体力も限界。嵐メンも限界だったんじゃないでしょうか?お疲れ様でした!


今回のコンサートは「魅せる」とか「ショー的要素」とかいったキーワードを嵐メンが雑誌などで言っていたので、去年とは違った雰囲気で来るんだろうなっていうのは予想してました。去年の夏コンは盛り上がって本当に楽しかったから、じっとショーを見てるのって耐えられるかな?なんて思ったりもしてましたが、いざ行ってみたら全然問題なしです。別に全部じっと見てるわけではなく、はじけるところはしっかりはじけるから騒ぎたい欲求はちゃんと満たされてますし。
アフリカ風アレンジ部分とダンス〜Right Back to Youは全然違う雰囲気でばっちり魅せていただきました。どっちが好きか選べないくらい好き〜♪それにフラメンコ風アレンジ部分もあるから、すごいダンスの量ですよね。よくあれだけの細かい振りを全部やってるなぁっていうのがもう普通に驚きです。
すでにコンサートビデオの発売が決まっているそうで、楽しみです。席の都合上よく見えなかったところとかはビデオでしっかり見たいな。

written by Mami

Home Page  レポ・ルーム